初めての太陽光発電!

太陽光発電システムとは

太陽光発電システムを一口でいってしまうと、太陽の光エネルギーを太陽電池がうけて発電した電気を家庭などで使える電気に変換させ、余剰売電や全量売電として電力会社と連系して稼働させるものです。
住宅などの屋根に設置された太陽電池は直流の電気を発生させますが、これは日射強度によって強弱の変化をしますので一定の電力で流れる電気とは異なります。この直流電力を家庭などで使用できるように交流に変換させます。パワーコンディショナといわれる装置はこの役割を担っています。
このようなことから発電量は、晴れた日と雨の日、また春夏秋冬の季節ごとで変化をするものですが、年間を通しての発電量はメーカーのシミュレーションとほぼ変わらないものになります。

余剰発電と全量発電の違い

余剰売電とは住宅などで主に設置されているのもで、太陽光の発電を住宅で使い、電気があまった場合に電力会社へ送電して売電金額を得る従来の連系方法で、売電単価は契約年度のものが10年間固定されます。これに対して全量売電とは、発電したものを100%電力会社へ売るもので、2012年7月の再生可能エネルギー法によりスタートしました。売電価格は契約年度の単価が20年間継続され、当初の売電単価が良かったこともあって、温暖化対策はもちろんですが、広大な土地や工場等の大きな屋根を持つ方の投資となる新たなビジネスとしても注目されました。
また太陽光は導入コストがかかったとしても、システムが稼働している限り売電収入が得られるものであるので比較的融資も受けやすくなっています。