電気が売れるって本当?

余剰電力買い取りは総出力量が10kW未満

太陽光線は地球に降り注ぐエネルギーの一つです。太陽光線の大半は地球に吸収されるのですが、ソーラーパネルと呼ばれている装置を屋根の上に設置を行うと電気エネルギーに変換が行われ、住居内で使う電気になります。
しかし、住居内に人がいない時などは発電した電気は誰も利用する事がないので、電気を発電しても意味がない事になります。
太陽光発電システムの中で総出力量が10kW未満の場合、余剰電力を電力会社が買い取りをしてくれるので、住居内に誰もない時でも発電が行われた電気は無駄にならず売電が行われる事になるのです。
尚、売電する事で電気代の節約にも繋がりますし、電力会社が供給する電気を使わないので地球環境保護などにも貢献する事が出来ます。

全量買い取りは10kW以上

太陽光発電システムで総出力量が10KWを超えた場合、余剰電力買い取りではなく全量買い取り制度を利用する事になります。
全量買い取りと余剰電力買い取りの違いは、発電した電力すべてを電力会社が買い取りしてくれるのが全量買い取りで、住宅の屋根に取り付けたソーラーパネルの総出力量が10kWを超えるか否かで全量買い取りになるのか、それとも余剰電力買い取りになるのかが決まるわけです。
但し、一般的な住宅の屋根に設置するソーワ―パネルの数は、それほど多くを設置が出来ないので、余剰電力買い取りで太陽光発電システムを運用する事になります。
尚、全量買い取りの場合は住居内で利用する電気は電力会社から送電が行われる電気を使う事になります。