発電の仕組みはどのようになっているのでしょう

ソーラーパネルは半導体です

太陽光発電は太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する事で発電が出来るシステムです。
太陽の光エネルギーの大半は地球に吸収されてしまいますが、ソーラーパネルに照射した太陽光線は電気エネルギーに変換が行われ、家の中で使う電力の元になってくれます。
ちなみに、ソーラーパネルはN型半導体とP型半導体の2つで構成が行われているもので、ソーラーパネルに光が注がれると内部の半導体から高速移動する電子と生孔の2つが互いに反発し合い、プラスとマイナスに分かれ、乾電池のような役割を持たせる事が出来るようになります。
1台のソーラーパネルから変換される電力だけでは電化製品を動かす事が出来る電力を作り出せないので、ソーラーパネルは直接に接続して直流電源を作り出しています。

ソーラーパネルなどの設備がなくても投資が可能

太陽光発電は空気を汚さない、再生可能エネルギーを使った環境に優しい発電システム、投資でもリスクが少ないなどのメリットを持ちます。
投資として太陽光発電を考えた時、発電設備を導入するための場所や設備投資を考えなければなりません。
しかし、太陽光投資ファンドは設備の導入などを考える事なく投資を行えます。
太陽光投資ファンドは合同会社として設立を行う、合同会社に出資を行う人を募集する投資システムで、合同会社の出資者になると一定の配当が得られる、一般的には10年間で投資金を回収する事が出来ると言われています。
出資金は100万円等の少額から可能にしており、銀行に預金をする事を考えるよりも儲けが大きくなるなどの魅力があります。