太陽光発電とは!?

太陽の光が電気になる仕組みとは?

太陽を直視するのは危険ですが、太陽を見るとまぶしいですよね。地球に注がれる太陽光の大半は地球に吸収されてしまいます。しかし、ソーラーパネルに太陽光線が照射すると電気を作りだしてくれるのです。
太陽光線は再生可能エネルギーとも呼ばれていますが、ソーラーパネルが太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換出来る事からも、再生可能エネルギーと呼ばれています。
ソーラーパネル内にはN型半導体とP型半導体があります。ソーラーパネルに太陽光が照射すると、マイナスの電子とプラスの正孔が発生します。マイナスの電子はN型半導体、プラスの正孔はP型半導体に引き寄せられ、乾電池と同じようにプラス極とマイナス極に分かれるため電気が作りだされる事になるのです。

ソーラーパネルだけでは売電は出来ません

ソーラーパネルを使えば太陽光線を電気に変換出来るわけですが、ソーラーパネルが発電する電気は直流電源で、住居内や電力会社に売電する電気は交流電源です。ソーラーパネルで発電した電気は、パワーコンディショナーを使って交流電源に変換する仕組みを持ちます。
尚、太陽光発電投資ファンドの場合、ソーラーパネルやパワーコンディショナーを自ら購入する必要もありませんし、ソーラーパネルを取り付ける場所や土地を考える必要もありません。
太陽光投資ファンドは出資を行う事で出資額に応じた配当を得られるもので、投資の中ではリスクが少なく、設備投資も不要です。
さらに、太陽光発電システムのメンテナンスや修理なども投資を行う側は関与せずに投資を行えます。